読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

drilldripper’s blog

機械学習とソフトウェア開発を頑張ってます

英語のウェブサイトを品詞分類して読みやすくするChrome拡張機能「カラフル英語品詞分類」を作りました

英語読解が捗る拡張機能「カラフル英語品詞分類」

英語読解が捗るGoogle Chrome拡張「カラフル英語品詞分類」を作りました。Chromeウェブストアからダウンロードすることができます。

カラフル英語品詞分類 - Chrome ウェブストア

この拡張機能はWebページの英語の品詞解析(part of speech)を行い、品詞ごとに色分けすることでページを読みやすくします。 以下は実行の様子です。

f:id:drilldripper:20160718174232g:plain

アイコンを一度クリックするとウェブページに色がつき、もう一度アイコンをクリックすると元に戻ります。 またオプションから品詞の色を設定することができます。 カラフルになりすぎてウェブページが見にくいという方は、色分けする必要のない品詞を黒に設定してください。

ソースコードは以下に公開しています。

GitHub - drilldripper/ColorPosTagge

作った動機

英語を読む上で文法は重要な要素です。しかし海外のウェブサイトには文法の説明はありません。これは英語初級者にとって大きにハードルになります。ということで、英語のサイトを読みやすくする補助輪的なツールが欲しいなーと思った訳です。

他にいい感じのソフトはないの?

英語の構文解析は長い歴史があり、多くのソフトウェアが存在します。有名な品詞分類ツールTreeTagger や最近Googleが公開して話題になったSyntaxNetなど があります。しかし公式ページを見てわかる通り、いずれも人間が読みやすい結果を出力してくれません。 また他のウェブサービスを使う方法は毎回英語(またはURL)を入力する手間必要となります。

この拡張はブラウザのタブの中で完結しているため、ソフトを立ち上げたり他のウェブサイトを使用する必要がありません。

おまけ

Google Crhome拡張のAPIは仕様の変更が大きく、現在では使用が推奨されていないものがたくさんあります。 そのため公式ドキュメントを読みに行く必要がありますが、このドキュメントは日本語化されていません。

またNode.jsのモジュールを使う方法などで結構ハマったので、そのあたりのことを改めて記事にしたいと思います。