drilldripper’s blog

ソフトウェア開発と人生をやっていきます

格安シングルボードOrange Pi One Plusで高速なNASを構築する

Raspberry Piと外付けハードディスクを使って構築するNASは、Raspberry Piの定番の活用方法として人気があります。

windvoice.hatenablog.jp

Raspberry Pi 3は安定した公式のOSが提供されており、かつBluetoothWifiが標準で搭載された素晴らしいシングルボードです。 しかしコストカットの影響なのか内蔵のLANとして100Base-TXを採用しているという弱点があります。 100Base-TXの理論値は100Mbpsで、これは12.5MB/sに相当します。実際にNASを構築してみると11MB/s程度の速度となり、LANがボトルネックになっていることがわかります。*1 これは実用的に使えるものの、少し遅い印象です。

これを解決するために、Raspberry Pi 3のUSBにギガネットイーサのアダプタを付けることで、転送速度の改善を行う方法があります。

Raspberry Pi 3のUSBはUSB2.0ですのでそこがボトルネックになります。実は既に下のLANアダプタによるギガビットLANの転送を試していますが、結論から言えば20MB/秒程度の速度です。

Raspberry PiにSambaをセットアップ!NASは実用レベルで使えるか?: ゆるガジェCHANNEL

この方法でも良いのですが、せっかく安価なRaspberry Piを使うのに1500円もするギガビットLANアダプタを買うのは悔しい感じがします。*2

そこで今回は標準でギガビットLANを標準で搭載したOrange Pi One Plusというシングルボードを使って、NASを構築してみたいと思います。

Orange Pi One Plus - Orangepi

Orange PiシリーズはRaspberry Piによく似たシングルボードで様々なシリーズが展開されています。Orange Pi One Plusは2017年12月に発売された最新のボードです。AliExpressから購入できます。

https://ja.aliexpress.com/item/one-plus-h6-1-android7-0-pc/32848891030.html

Orange Pi One Plusの特徴

メリット
  • 安い

    • 20ドルで購入できます。
  • 高性能

    • 理論上は4k60fpsの動画を再生できます。(未検証、ただ十分な熱対策を行う必要があると思います)
    • 1GbpsのLANを標準搭載している
  • 技適を回避できる WifiBluetoothを搭載しておらず、電波を発しないため技適に違反しません。法を守って使用できます。

デメリット
  • USBポートが2.0

    • USB3.0に対応していれば、NAS構築ボードとして完璧だったので少し惜しいです。
  • OSが不安定

    • OSはベータ版のUbuntu ServerとAndroidのみの提供です。
      • ただしUbuntu Serverはそこまで問題になっていません。
  • 情報量が少ない

    • Raspberry Piと比較してコミュニティが小さいので、情報量が少なくなります。

NASの構築

というわけで、このボードを使ってNASの構築を行います。NASの構築はRaspberry Piの方法と同様に、定番のSambaを用います。調べれば多数情報が出てくると思うので詳細は割愛しますが、以下の記事などを参考にすれば良いでしょう。

www.terabo.net

ただし、Orange Pi One Plus特有の注意点があります。 それは起動時に入力デバイスを外して置かないとエラーでOSのブートに失敗するという問題点です。*3

Orangepi系 – OSAKANA TAROのメモ帳

ハードディスクを起動時に接続しておくのは問題ありません。

f:id:drilldripper:20180308162901j:plain

上の画像はOrange Pi One PlusとTrancendの外付けハードディスクです。

公式のケースがなかなかかわいくていいですね。

f:id:drilldripper:20180308161013p:plain

上の画像は実際に速度を計測した結果です。

Writeが43MB/s、Readが25MB/sとなりました。 Raspberry Pi 3でNASを構築したときに比べて、Writeが約4倍、Readが約2倍です。体感速度もRaspberry Piに比べて圧倒的に速いです。 20ドルで購入できるボードでこの速度が出せるのは、なかなかコスパがいいんじゃないかと思います。

*1:Raspberry Pi 3ではNASとしては十分な速度のCPUを搭載しているため、CPUパワーの影響による頭打ちは発生しません。

*2:USB2.0の限界値もでないですし、劇的に高速化されるというわけでもないので…

*3:2018年3月8日時点で、Ubutu Serverはベータ版なので仕方ないのかもですが…